グローバル経営とアジア

アジア経営論(下欄参照) / 多国籍企業論 / 国際ビジネス特論 B
(杉田俊明担当講義用参考資料抜粋。随時更新)

2017年7月25日午前現在
講義最終回以後の更新はありません。
・期末試験:持ち込み不可。マーク60(20X3)、記述10(2X5)。
・講義に熱心に参加された皆さん:日頃の受講と平常評価の結果から努力が確認されていますので、
学ばれた知識を再確認してみる程度、リラックスして試験時間を過ごしてください。
・8月7日まで本欄にて(総合評価)80点以上の者のリストを掲載します。
(プライバシー保護のため掲載は姓のみ。閲覧に受講パスワードが必要。)

履修者必読・重要事項案内(2017年4月12日版)
(同必読)講義日程表(5月10日版)
(同必読)期末試験関連注意事項・例題(7月17日版)
前掲日程表記載の「出席&レポート」カバー小論文については本欄下部の関連記載を参照。
アクティブラーニング(6月28日分)の資料は本欄下部の関連記載を参照。
以下、◎◎部分は講義・試験対象範囲
第一領域 概論編
・講義資料
 ◎◎データで読むグローバル経営戦略(人的資源編)(2017年4月12日版) p
 ◎ガイダンス概説版(160927) p
 ◎◎スライド(2015年10月4日付) 閲覧用 / 印刷用 p
   文字修正: 2ページ目、スライドのうち11枚目と12枚目、以下(正)
   「〜グローバル市場で〜」、「〜企業のグローバル経営〜」
 ◎◎コラム NHK語学テキスト「杉田教授のビジネススクール」p (データ部分は参考用)
 ◎◎グローバル経営とアジア 研究の枠組みと課題(論文版) p (データ部分は参考用)
 ◎◎復習・補記資料(160713) p
・参考 杉田俊明公刊論著(以下同)
・ バックナンバー グローバル経営とアジア(概説版、15年度前期) 旧バージョン
第二・第三領域 ビジネス形態編 / 地域研究編
・講義資料 貿易、投資編
 ◎国際ビジネス形態 貿易形態とその応用(新聞コラムなど。130607)
 ◎国際ビジネス形態 直接投資形態とその応用(体系表 / 新聞コラムなど。130707)
・同 経営戦略、複合ビジネス編
 ◎◎1:経営戦略・ビジネス形態編・シリーズ1(160406p 印刷用) / 同(160406s 閲覧用) p
 ◎◎2:ビジネスモデル編・シリーズ2(160427p) / 同(160427s) p
 ◎3:国際ビジネス形態 M&A&A 成功する提携・失敗する提携
 ◎◎3-1:競争に勝つ「提携」:三つのタイプ /コラム
 ◎◎3-2:一歩ずつ詰め寄る戦略的買収 /コラム
 ◎◎3-3:戦略提携編 (2013年1月24日版)p /スライド
 ◎3-4:提携と買収に老練なフランス企業 /コラム
 ◎M&A&A 成功する提携・失敗する提携(130718) /別 総合コーナー
 ◎某日の新聞に掲載された提携関連記事一覧
 ◎4:成熟した台湾に橋頭堡 東レフィルム加工のケース(2013年9月19日付、コラム)
 ◎5:フィピリンで富豪になった華人 ユニクロのパートナー(2012年6月21日付、コラム)
 ◎◎6:華僑華人研究関連資料 (09/160706) p
・参考 公刊論著
 ◎◎杉田俊明「日本企業のアジア市場参入戦略」(「ASEAN5」と「もう一つの中華圏ビジネス」)
   『甲南経営研究』第55巻第2号、pp.39〜59、甲南大学経営学会、2014年10月刊
 ◎杉田俊明「中国企業の成長と国際化 ケース・スタディでみる海爾(ハイアール)の『戦略的展開』の含意」『21世紀多国籍企業の新潮流』(多国籍企業研究会編)ダイヤモンド社国際経営研究所、2003年刊所収 p
 ◎杉田俊明『国際ビジネス形態と中国の経済発展』中央経済社、2002年
 ◎その他 杉田俊明公刊論著
第四領域 経営システム編・人的資源編
・講義資料
 ◎◎経営システム編 日米中主要企業の比較研究(130714) p
 ◎◎人的資源・人材育成編 日米中主要企業の比較研究(140602) p
 ◎◎前掲補足資料(170605) p
 ◎◎杉田コラム「悪平等から成果主義への転換」2010年11月18日付、フジサンケイビジネスアイ
 ◎◎杉田コラム「問題意識と危機意識の持ち方」2011年1月13日付同上新聞
 ◎◎杉田コラム「ビジネススクールで学ぶ新世代の経営者」2012年4月5日付同上新聞
 ++比較研究関連参考資料 米国先端企業ケース編(160617)
・参考
 ◎杉田俊明「中国企業の経営システム」
 (分担執筆)『上海万博と中国のゆくえ』関西日中関係学会・他編、
 桜美林大学北東アジア総合研究所、2011年 p
 ◎その他 杉田俊明公刊論著
+ アクティブラーニング関連講義のテーマ・要領(17年5月23日版)
 15年度//16年度 発表者資料抜粋(発表順。各年度同)
  泉谷さん / 野口さん / 上田さん / 多田さん // 山下さん / 毛利さん
 17年度 1回目 石橋さん / 大崎さん / 井殿さん / 喜田さん / 毛利さん / 土谷さん
 17年度 2回目 土谷さん / 石橋さん / 喜田さん / 井殿さん / 花田さん / 森本さん /
            石井さん / 大崎さん // 毛利さん
 "The future will be so bright, if you continue to look for opportunities where others see challenges."
 〜Richard Branson
++効果的にプレゼンテーションを進めるための参考資料(160617)
◎◎「出席&レポート」関連小論文(各A4の1枚・約1100字)
 1:講義の内容を踏まえて「提携の成功と失敗」例を各一つとりあげて簡潔にまとめ、
自身の感想を簡潔に記してください。
 2:講義の内容を踏まえて「差別化戦略」の例を二つとりあげて簡潔にまとめ、
自身の感想を簡潔に記してください。
 提出日:7月5日、または7月12日(推奨) 講義開始前
復習関連参考
 ◎◎期末試験関連注意事項・例題(7月17日版) p
 ◎受講生による学習ノート(第四領域分) 喜田さん / 大崎さん / 花田さん
+日程・予定 (16年度用)
++履修済み受講生からの報告例(160702) / 交流の広場
関連講義バックナンバー
関連通知

杉田俊明研究室
メールTO: toshi.sugita@nifty.com
トップ・ページ へ