海爾Haier ハイアール)のケース・スタディ

下記は2009年現在の杉田俊明によるハイアール研究の関連論著です。
杉田俊明の著書『国際ビジネス形態と中国の経済発展』(中央経済社刊。第6章、第7章の部分)並びに杉田俊明論著一覧に掲載されている最新の関連論著を合わせてご参照ください。

2001年9月8日、東アジア地域研究会(京都大学)における研究発表(抜粋版)
スライド資料(PDFファイル)

関連資料の更新
アジア・中国企業の経営と戦略
シリーズNo.1 経営システムと人材育成編(2008年11月3日) スライド
参考資料 日中経営管理モデルの比較研究(2009年11月21日)スライド
シリーズNo.2 ブランド戦略編
シリーズNo.3 提携戦略編(2008年11月12日) スライド 

成功する提携・失敗する提携

 関連論文
(共同執筆)『21世紀多国籍企業の新潮流』(多国籍企業研究会編)
ダイヤモンド社国際経営研究所、2003年
担当部分:「中国企業の成長と国際化
ケース・スタディでみる海爾(ハイアール)の『戦略的展開』の含意」
 
 関連スライド


一部の資料を閲覧するためには杉田俊明ネットワークパスワードが必要である。
パスワードは杉田担当業務利用関係者、ネット登録者に発行している。

海爾集団本社ビル(中国・青島)
杉田俊明撮(2002年)


メールTO: toshi.sugita@nifty.com
杉田俊明研究室(甲南大学)
更新 2009/11/23
ライン
トップ・ページ へ