ゼミ生の広場
杉田ゼミ 連絡・進行


ゼミ連絡 (パスワードが必要な部分はゼミ合格者または所属者限定利用の部分。以下同。)
2017ゼミ夏季休暇宿題と関連連絡(170907)
ゼミニュース(2017年7月号)
ゼミニュース(2016年7月号)
ゼミ期末試験案内(170114)
ゼミ内アジア経営論関連試験案内(161026)
参考 
ゼミ生の推薦状(17年 M分 / K分

ゼミ規則

ゼミ規則(2年と3年半期用、4年通期用)(2008年9月19日更新分)

ゼミ学習研究発表資料の配信(2016年10月7日更新分)

ゼミ規則 補足(進級・卒業関連)(2014年6月6日更新分)

ゼミ卒論規則(2014年5月11日更新分)

参考 学部規定・卒論関連(2014年5月11日更新分)

ゼミ卒論実例(2017年5月26日更新分)

ゼミ行事関連規則(2014年度より適用)(2014年1月31日更新分)

ゼミ内コース選択関連規定(2013年7月26日更新分)

ゼミ海外研修参加規定(2014年1月16日更新分)

ゼミ海外研修関連プログラム案内と関連規定(2016年1月30日更新分)

メール関連マナー
●ゼミ生による担当教員宛、またはゼミ内の公式メールは、下記の点に留意してください。
件名には、ゼミ期数、苗字、要件(キーワード)を記載する。
添付ファイルのファイル名にも、ゼミ期数、苗字、タイトル(キーワード)を記載する。
(2014年度入部生のゼミ期数は ゼミ18 )
本文には、宛名(○○先生または○○様)、本文内容、文末署名を漏らさず記載する。
●アドレス新設、変更、抹消などの際は必ず、ゼミ担当教員宛てに直ちに届ける。
●就活に備えるため(大学以外のものを含め)、自分専用のアドレスを持つ。

ゼミの進行とゼミ生の努力目標
●2年ゼミ生
(更新:2014年9月24日)
 国際経営、アジア・中国ビジネスに関する基礎知識を習得する
 自己研究発表に関する基本的な能力を身に付ける
注:冒頭の英語部分は原則として毎回
但し、英語テキストによる専門研究発表の場合、それに専念する

●3年ゼミ生
 
国際経営関連理論、アジア・中国ビジネスに関する専門知識を習得し、企業研究の能力を身に付ける
 相対的に専門性の高い研究発表を行い、ディスカッションやディベートができるように努める

●4年ゼミ生
 
各自選択する専門テーマに関してより専門性の高い学習・研究を行い、
 より専門性の高い研究発表を口頭、並びに文書(卒論)で表現できるように努める

ゼミ生の留学(更新:2014年10月28日)
ゼミは海外留学を奨励し、さまざまな応援を行っている。
●留学の場合は事前に担当教員と相談し、承諾を得たうえで留学すること。
●留学前後の関連手続きや留学中の活動については大学(ゼミ、教務部、学部事務室、国際交流センターなど)の規定に従うこと。
●前掲留学前・期間中・帰国後の所定の手続き進行、関連報告の内容、規律順守の状況、そしてゼミ継続に対する認識などにより、留学後の単位換算可否や、ゼミ復帰可否が判定される。

ゼミのミッション
 杉田ゼミは社会に高質な人材を供給するのが目的である。
 多様な人材、さまざまな分野で活躍できる人材を育成するのが目的だが、とりわけ、国際派ビジネスパーソンとして、グローバル経営に対応できる人材の育成に注力する。

関連リンク
杉田ゼミの楽しい面々(現役メンバーの紹介)
その他
1、杉田ゼミ生募集要項
2、英語チーム
3、
中国語チーム
4、杉田ゼミ・卒業の基準要件
5、杉田ゼミ 連絡・進行(このページ)
6、
学習・研究の関連リンク集
7、
卒業論文のテーマ
8、就職応援のメッセージ

メールTO:toshi.sugita@nifty.com
杉田俊明研究室
ライン
トップ ページ へ