ケース研究 カイハラ / Kaihara

本コーナーはデニム素材領域で日本を代表する企業、
カイハラ / Kaiharaに対するケース研究の成果を掲載(抜粋)したものです。
2010年11月、2015年3月など、カイハラ本社にて貝原会長が
長時間のインタビューに応じていただき、複数の生産工場を案内いただきました。
諸調査研究において大変お世話になり、この場を借りて感謝申し上げます。

ケース研究 カイハラ / 杉田俊明担当新聞コラム(抜粋)
  2013年7月25日付
フジサンケイビジネスアイ
掲載分(以下同)
欠かせない存在を目指して
カイハラなどのケース

2013年9月5日付
事例に学ぶ2つのビジネスモデル
カイハラなどのケース

2012年11月29日付
差別化戦略のすすめ 貿易方法論

欄中写真はすべて杉田俊明撮
 
優れる競争戦略によって
勝ち取ったポーター賞
2010年11月、カイハラ本社
ユニクロのパートナー
優れる素材面での貢献
2015年3月、カイハラ本社
左:貝原会長
2010年11月、カイハラ本社(以下同)
 
右:同
2015年3月
  左:カイハラ本社正面
堅実な社風を表す
「桃李不言下自成蹊」
2010年11月(以下同)
 
右:優れる製品を
生み出す生産工程
  左:貝原会長
カイハラ歴史記念館にて
2010年11月
 
右:カイハラの記念品
デニム地製カレンダー
デニム地製筆ケース
2015年3月

ケースブックのキーワード
競争戦略
コア・コンピタンス
サプライチェーン
ローカルとグローバル

関連研究資料
日本企業の勝ち進む道
〜グローバル大競争時代への対応〜
(新版)
***
関連リンク:ケース研究 東レ

メールTO: toshi.sugita@nifty.com
杉田俊明研究室(甲南大学)
更新 2016/10/17
ライン
トップ・ページ へ