ケース研究 東レ

本コーナーはグローバル企業、先般素材領域で日本を代表する企業、
東レに対するケース研究の成果を掲載(抜粋)したものです。
2013年8月、東レ本社にて榊原会長とご挨拶、
日覺社長はご挨拶と合わせてインタビューも応じていただきました。
これまでに副社長、専務、常務、本社の国際や企画担当、海外駐在員など、
多くの方の世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。

ケース研究 東レ / 杉田俊明コラム・関連論著抜粋
  2013年10月07日付
日本発の新型多国籍企業に注目
「世界経済評論」web版掲載分
2013年7月25日付
フジサンケイビジネスアイ掲載分(以下同)
欠かせない存在を目指して
東レ、ユニクロ、カイハラなどのケース

2013年9月5日付
事例に学ぶ2つのビジネスモデル
東レ、ユニクロ、カイハラなどのケース
     
2013年9月19日付
成熟した台湾に橋頭堡
東レフィルム加工台湾社のケース

2013年12月19日付
複眼で見る「バランス」
東レグループのケース

2012年11月29日付
差別化戦略のすすめ 貿易方法論
 
上左:東レ・元常務藤澤様
上右:東レ・トレビーノ販売
部長佐々木様
2013年6月東京。甲南大学
撮。杉田企画担当講演会
上:東レ・専任理事元常務
国際部門長 村上様
2015年7月東京。杉田撮
   
上:東レフィルム加工・
台湾社社長久保田様
2013年9月台湾。杉田撮

杉田俊明コラム
2013年10月07日付 前掲抜粋

東レについて一般消費者がよく知るのは、
おそらく繊維や衣料の領域かもしれない。
元々化合繊大手企業の一つとして知られ、
特に同社が開発した機能性素材が
ユニクロのヒット商品「ヒートテック」や
「エアリズム」などに使用されているため、
同社の名が消費者に一層浸透したと思う。

一般家庭に使われている浄水器やその
フィルターもよく知られていると思うが、
実は東レは繊維だけではなく、
プラスチック・ケミカル、情報通信材料や
機器、炭素繊維複合材料、そして、
環境や関連エンジニアリング、ライフ
サイエンスなどの事業においても成果を
上げている。

ここでは、炭素繊維関連事業を概観して
みることにする。(続き・・・) 
*****写真:東レ・名古屋
センターの展示室にある炭素繊維の車体。
2013年9月。杉田撮
上:東レ・元副社長
現特別顧問 小泉様
2015年5月神戸。甲南大学
撮/杉田企画担当講演会
   
上右:東レフィルム加工・
台湾社社長久保田様
2013年9月台湾。杉田撮
上:同 小泉様
2015年6月東レ本社
杉田撮
   
上:東レフィルム加工・
台湾社
2013年9月台湾。杉田撮
上:東レフィルム加工
常務 角谷様
2015年6月東京。杉田撮
   
上:東レ欧州(ドイツ)
森本様。15年8月、杉田撮
上:東レ欧州(ドイツ)
加藤様。15年8月、杉田撮

東レ台湾(台北)
梶清様(中央)と
杉田ゼミ生。
2016年2月、杉田撮

上:東レ・複合材料事業企画推進部 森様
2016年3月、本社。杉田撮
右:東レ本社所在ビル
2015年6月、東京。杉田撮
東レのグローバル事業展開 (上記村上様による資料) pw
東レ海外事業基盤を確立するために奔走した日々 (同。手記) pw
(欄中所属・肩書は当時)
メールTO: toshi.sugita@nifty.com
杉田俊明研究室(甲南大学)
更新 2016/06/23
ライン
トップ・ページ へ